レンタルをもっと身近に、もっと手軽に、カイノスレンタル.COM

TEL0800-888-4022

電話応対時間AM8:00〜PM5:00

close

home

課題解決提案

 

草刈りを業者に頼む場合の費用や注意点、トラブルなど?!

2020.06.16

作業効率アップ

梅雨に入り気温も高くなるこの時期、自宅の庭や空き地など、雑草が気になってきた方も多いのではないでしょうか?5~8月は雑草の成長時期、草刈もこの時期に行うことで、草が大きく成長するのを防ぐことができます。
草刈りを行わないと、見た目が悪いのはもちろんですが、害虫が発生してご近所とトラブルになったり、不法投棄や放火など防犯上の危険が発生する場合があるため、出来れば早めに済ませたいですよね。

そんな草刈りですが、自分で行うのは重労働…業者に頼もうか悩んでいる方も多いのでは?
そこで今回は、草刈りを業者に頼む場合の費用や注意点など、気になるポイントをまとめました。


草刈りを行ってくれる業者の種類

草刈りを行ってくれる業者はいくつかあります。
業者に頼む場合は、それぞれの特徴を知ったうえで選ぶとよいでしょう。

草刈業者・・・専門業者なので、経験も豊富で安心。
便利屋・・・不用品の回収など、草刈り以外の作業も一緒に行ってもらえる
シルバーセンター・・・値段が安い場合が多いが、作業の質は作業者の経験によるところが大きい

草刈りを業者に頼む場合の費用、相場は?

草刈りにかかる費用は業者によって計算方法が異なりますが、下記の3パターンが一般的です。

★草刈りを行う面積で料金が決まる面積別
★1時間あたりの料金を元に作業時間で料金が決まる時間別
★トラックに積載する刈り草の量で料金が決まる除草量別

面積で計算する業者が最も多く、費用相場は50平米(15坪)で15,000~25,000円程度です。
その他、雑草の処分や雑草対策費などを頼んだ場合は、追加費用が必要になります。

 

草刈りを業者に頼む場合の注意点

気を付けたいこんなトラブルも!

時間別料金でお願いしたら、思ったより時間がかかり費用がかさんでしまった
基本料金が安いところに頼んだら、刈った草の処分代など追加費用がかかった
・作業時の音が大きく、近隣から苦情が入った

このようなトラブルを避けるためにも、実際の草刈り場所を事前に下見してもらい、1社ではなく何社かで見積りをとるようにしましょう。
また、どこまでの作業が料金に含まれているのか、事前にしっかり確認しましょう。
HPなどで、料金が明確に記載されているか実績はあるかなどを確認することも大切です。

 

業者に頼まず自分で行うには?

さて、草刈りを業者に頼む方法を見てきましたが、
下記のような方はそれ以外の方法として草刈り機のレンタルがおすすめです!

・費用を抑えたい
かかる費用はレンタル代と刈り草の処分代のみなので、費用が抑えられます。
・草刈り面積がそこまで広くない
業者に頼む場合面積によっては割高になるため、広めの庭程度の面積なら自分で草刈り機を使用した方がお得です。
・草刈りの頻度が少ない
年に数回の利用でしたら、草刈り機を購入するよりレンタルがおすすめです。

レンタルなら面倒なメンテナンスや保管場所も不要で、必要な時だけお得に利用することが出来ます。

 

おすすめレンタル草刈り機

マキタ 充電式草刈機(MUR365DPG2)

充電式芝刈り機なら、軽くて女性や年配の方も楽々。始動もスイッチ一つで初めての方も簡単に作業ができます。
また充電式はパワーがないと思われがちですが、18V×2本でエンジン式と同等の使用感を実現。一度の充電で約3時間(中速モード)使用できます。
エンジン式に比べ、振動や騒音も大幅カット。ご近所にも気兼ねなく使用できます。

レンタル料金 1600円/日~
(別途基本料とセーフティサポート料がかかります)

詳細はこちら

 

まとめ

いかがでしたか?
草刈りを業者に頼もうか迷っている方は、業者に頼む場合の注意点などしっかり事前に確認して決めるようにしましょう。
また、レンタルなら面倒なメンテナンスや保管場所も不要で、必要な時だけお得に利用することが出来ます。
ぜひこの機会に草刈機レンタルを試してみてはいかがでしょうか?

カイノスではこの他にも多数の農機具を取り扱っています。

農機具のレンタルなら、ぜひカイノスへ
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ・お見積り依頼

TEL0800-888-4022

電話対応時間 AM8:00~PM5:00

お問い合わせ・お見積り依頼はこちら