レンタルをもっと身近に、もっと手軽に、カイノスレンタル.COM

TEL0800-888-4022

電話応対時間AM8:00〜PM5:00

close

home

課題解決提案

 

レンタル品にはどの燃料が必要なの?燃料ごとに料金の違いはある?

2023.05.30

その他

カイノスでは様々な機械をレンタルしていますが、何の燃料が必要なのかは機械によってそれぞれです。
お客様からも燃料についてのご質問をいただくことが多いです。
なので今回はカイノスの機械には何の燃料を使って動かすものがあるのか、それぞれの金額などに違いはあるのかご紹介いたします!

1.カイノスの機械は何の燃料を使う?

カイノスの機械では下記の3つの燃料のどれかで動かすことができます。

○ガソリン
○混合燃料(混合ガソリン)
○軽油

混合燃料は聞きなじみがないという人もいるかもしれません。混合燃料とは主に2サイクルエンジンに使用される、ガソリンと2サイクルエンジンオイルを規定の割合で混ぜた燃料のことです。
下記の写真はカイノスで販売をしている混合燃料です。こちらはすでに両方を混ぜてあるのですぐにタンクに入れて使用することができますが、2サイクルエンジンオイルだけになっていて自分で既定の割合で割って使うものもあります。

2.それぞれの燃料で動かせる機械は?

カイノスの機械は3種類の燃料で動かすことができることが分かりました。
しかし、それぞれの燃料をどの機械で使うのかが分かっていないと間違って給油をしてしまい故障などの原因となってしまいます。
ここではそれぞれの燃料がどの機械で使われるのかをみていきましょう。

ガソリン

軽自動車・5.5KVA以下の発電機など

混合燃料

エンジン式草刈機、エンジンチェンソー、エンジンカッターなど

軽油

2T以上の車両、8KVA以上の発電機、重機など

もしも何の燃料を入れるのかわからない場合は、これらの燃料の入れ間違いをなくすために下図のようなマークや燃料名(ガソリン・DIESELなど)が機体や燃料キャップについていることがあるので確認してみましょう。

3.それぞれの燃料の金額などについて

燃料によって、出庫時と返却時の対応が違います。
もし把握していないと損をしてしまうかもしれないのでしっかりと確認しましょう。

ガソリン

ガソリン使う機械は、燃料現状出庫、現状返却となります。返却時に燃料が全く入っていなくても問題ないですので、お客様が必要な分だけガソリンスタンドなどで給油してご利用ください。
基本的に弊社からガソリン代を請求することはありません。

混合燃料

ガソリンと同じく燃料現状出庫、現状返却となります。
ガソリンと違う点は、混合燃料は弊社で販売しているという点です。
混合燃料は1Lと2Lがあり、それぞれ781円(税込)、1,408円(税込)でお買い求めいただけます。
混合燃料をお持ちでない方も受け取りのついでに混合燃料を買っていけるので安心です。使うときはたくさん燃料が入った状態で返却をするとせっかく買った燃料がもったいないので、量を見ながら少しづつ足していきましょう。

軽油

軽油は満タン出庫、満タン返却となります。
ご返却前にガソリンスタンドなどで給油をお願いいたします。
ご返却時に軽油が満タンに入っていない場合は燃料代を請求させていただきます。

4.まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回はカイノスのレンタル品に使う燃料についてまとめてみましたが、もちろんお電話や、受け取り等の際に聞いていただいても大丈夫です。
メールでも受け付けておりますので下記からお気軽にお問合せください。

お問合せはこちら
電話はこちら フリーダイヤル0800-888-4022

お問い合わせ・お見積り依頼

TEL0800-888-4022

電話対応時間 AM8:00~PM5:00

お問い合わせ・お見積り依頼はこちら